沖縄県における麻しん(はしか)患者の発生について

沖縄県内において旅行客が麻しんと診断され、平成30年5月20日時点で100名以上の麻しん患者の発生が報告されております。
沖縄県外にでも発生が報告されており、感染している人が感染に気付かずに移動することにより、感染が拡大することが懸念されています。
ご自身の罹患歴や予防接種歴のご確認をいただき、感染予防に努めてください。
詳しくは、台東区のページに掲載されています。