感染性胃腸炎に注意しましょう

感染性胃腸炎は、例年10月から増加し、12月頃をピークとして5月頃まで多発します。 ノロウイルスなどが原因となり、腹痛、下痢、嘔吐、発熱を引き起こします。 症状が出ましたら、早めに医療機関を受診しましょう。 調理前、食事前、トイレの後は、しっかり手を洗いましょう。 台東区からの情報はこちら。 東京都の感染症情報センターのサイトにてリーフレットを配布しています。