新型コロナウイルス肺炎に関するお知らせ

新型コロナウイルス肺炎に関する相談・受診の目安について、2020.2.17、厚労省が公表しましたので、その概要をお知らせします。

1.相談・受診の前に心がけてほしいこと

(1)発熱などのかぜ症状が見られるときは学校や会社を休み外出を控える
(2)そして、毎日、体温を測定して記録する

2.症状が続く場合は、医療機関を受診するのではなく、まず「帰国者・接触者相談センター」に電話でご相談ください
ご自身の居住地における連絡先は厚労省HPにてご確認ください。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

3.「帰国者・接触者相談センター」に相談する目安は、次の通りです。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含めます)
・強いだるさや息苦しさがある

※なお、高齢者の方や基礎疾患(糖尿病、肺の病気、心臓病等)のある方は、上記の状態が2日程度続く場合

4.その他、ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせは、次の窓口にご相談ください。

厚生労働省 相談窓口 電話番号 0120-565653(フリーダイアル)
受付時間 9:00~21:00(土日・祝日も実施)
※聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方
FAX 03-3595-2756